多汗症ケア

医療機関で行われる多汗症に対する治療法をご紹介します。主に外科的方法によるものでより発汗が認められる部位に散在する交感神経の切除や活性抑制を図ります。しかし、これらによる治療の弊害は、発汗量を正常な状態が戻るわけではなく、全く発汗しなくなるという点にあります。つまり、体温調節機能の歪みや、皮膚の乾燥、肌荒れを引き起こすのです。汗をかく部位が減少するということは、言い換えれば、体温の恒常性を維持するために、他の汗腺の活性が活発となることを意味しており、代償性発汗という症状が起こることは避けられません。

睡眠

外科手術以外では、ボツリヌス毒素Aという物質を投与する薬物療法もあります。場面や状況に起因する多汗症に対しては非常に高い効果を上げており、欧米では主流の治療法ともなっています。ボツリヌス毒素は交感神経末端と結合することで発汗を促すホルモンの分泌を阻害する効果があります。

いずれにせよ、自身の発汗が病的であるのかどうか、皮膚科や麻酔科、ペインクリニック科、血管外科とよく相談することです。そして、自身の症状とマッチする治療法の選択と、食事や不規則な睡眠をはじめとした、生活習慣の見直しと改善を図る必要があるでしょう。

関連サイト(http://www.beauty-care.jp/
札幌中央クリニックでは、多汗症についてボツリヌス菌を注射で注入している美容外科です。

そもそも多汗症とは

多汗症とは何か。本記事では、多汗症とは何か、そして原因について簡単に解説致します。暑い日に激しい運動を行えば誰でも多量の汗をかきますが、多汗症は特に運動していないにも関わらず、人前に出て緊張した際や不安を覚えるような状況で多量の汗をかく疾患のことです。その主な原因は特定されていない面もありますが、大部分が精神的要因によると考えられています。

コーヒー交感神経が過度に過敏な状態となるために、アドレナリンなどのホルモンが多量分泌された結果、発汗してしまうのです。これは神経による多汗症ですが、別の疾患が原因となって多汗症となっている場合もあります。例えば、甲状腺機能亢進症いわゆるバセドー病、褐色細胞腫糖尿病、末端肥大症、急性リウマチや結核などによっても多汗症となるケースがあります。これらの場合、全身多汗症となります。また、生活習慣によっても多汗症が発症することもあります。肥満症と多汗症には密接な関係がありますし、コーヒーやタバコを多量摂取することで発症します。これは、ニコチンやカフェインが交感神経を刺激してしまうためです

しかし、昨今では、年平均気温の特に夏場の気温上昇や、辛い食べ物ブームなどもあり汗をかく場面が多くあり、自分では判断できないことも有ります。特に、思春期以降に自覚し始めることが多いので、皮膚科や内科、場合によっては神経科を受診し、気にあるようであれば相談、改善しましょう。

多汗症の原因とケア

多汗症とは、正常の方に比較すると、汗を多くかきやすい症状が現れるものです。この症状自体は体に悪影響を与えるものはほとんどありませんが、精神的な悩みとなってしまう事が稀ではありません。当サイトでは、多汗症の原因やケアなどについて紹介しています。

手普通は気温が高かったり、運動をしたりする事で汗をかく事がありますが、多汗症の人は特に、その時にかいてしまう汗の量が著しく多くなっています。また、多汗症にもレベルがいくつかあるのですが、レベルが高ければ高いほど、汗の量が多く出る事となります。この多汗症となる原因ですが、交感神経が活発になっている事が関係しているもので、精神的な要因が多いと考えられています。多汗症と一口にいっても、手掌多汗症など、局所的な多汗症がみられる事もあります。

多汗症の治療についてですが、これは外用剤を用いて汗を緩和するという方法が多いです。レベルがさほど高くない場合、外用剤などを使った薬物療法を行うだけでも十分に対策になる事が多いです。しかし症状がひどい場合、薬での対処に限界がある場合があります。そうした時、手術を行い、汗をかく事に関係している交感神経を切離してしまうという手段が選ばれる事もあります。もちろん、絶対にやらなければならない治療ではありませんが、悩みを解決されるために行われる方は少なくありません。当サイトではこれらのような、多汗症の原因や治療について紹介しています。お悩みの方はぜひ、チェックしてみてください。